HOME > ブログトップ

中古楽器マルカートのスタッフブログ

Roland(ローランド)の DP990Fについて【電子ピアノ】

roland.DP990F

電子ピアノは数多くのメーカーが様々な機種を販売していますが、Roland(ローランド)の電子ピアノというと、DPシリーズがその一つです。
DP990FをはじめとしたDPシリーズは、電子ピアノに求められる基本的な性能が高い事はもちろん、シンプルながらもおしゃれなデザインやコンパクト設計という点も大きな魅力となっています。

Roland(ローランド)の DP990Fの特徴と言えば、まずは「スーパーナチュラル・ピアノ音源」を搭載している点ですね。
同じDPシリーズでもDP990F以前の機種は88鍵ステレオ・マルチサンプリング・ピアノ音源が使われていましたが、スーパーナチュラル・ピアノ音源を採用したDP990Fはさらに高度なピアノ表現が可能となっています。
タッチの強さによって起こる音色の変化など、アコースティックピアノと変わらぬ音色が再現されていますね。
PHA II鍵盤はハンマーの重さのみで動き、音域やタッチの強さの違いによる弾き心地の違いも、アコースティックピアノそのものです。
エスケープメント機構によってグランドピアノ同様のクリック感も再現されていますね。
メトロノームやツインピアノなど、電子ピアノならではの基本的な機能から練習に便利な機能まで、実用的な機能も充実しています。
奥行はおよそ30cmという省スペース、かつすっきりとしたデザインは、どのお部屋に置いても他のインテリアにすんなりと馴染んでくれるでしょう。
スピーカーや電源回路がこれまでのモデル以上に高効率なものとなり、サウンドの迫力はそのままに消費電力が抑えられた点も嬉しいですね。

表情豊かで自然なピアノサウンドを思う存分楽しみたい。
そんな方はRoland(ローランド)の DP990Fをぜひお試しになってみてください。

================================
中古楽器専門店マルカート
[関西エリア]
大阪府豊中市蛍池東町3-4-2 サントピア豊中1F
[関東エリア]
東京都板橋区中丸町13-1 ゲオタワー池袋1階
TEL:0800-888-1333
お問い合わせはこちらから
http://www.marucart.com/inquiry.html
【姉妹サイト】
楽器買取マルカート / 楽器買取専門店 楽器買取No.1
================================

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

KORG(コルグ)の Liverpool PROFESSIONAL ARRANGERについて【キーボード】

KORG(コルグ)の Liverpool PROFESSIONAL ARRANGER

「好きなアーティストが愛用している楽器と同じものを使いたい」という方は多いと思いますが、「出来る事なら好きなアーティストと一緒に演奏したい」とお思いの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そんな夢のような体験ができるのが、KORG(コルグ)のアレンジャー・キーボード、Liverpool PROFESSIONAL ARRANGERです。
KORG(コルグ)のLiverpool PROFESSIONAL ARRANGERを使えば、ジョン・レノンやポール・マッカートニーとの演奏が実現出来ますよ。

KORG(コルグ)の Liverpool PROFESSIONAL ARRANGERには100曲ものマージー・ビートの代表曲が搭載されています。
本体から流れるイントロに合わせて右手で演奏すれば、まるでメンバーと共演しているかのような演奏を楽しむ事が出来るのです。
キーの変更も可能ですし、キーはそのままにゆっくりとしたテンポで練習する事も出来ます。
サビやイントロなど特定のパートのみを何度も練習する事も出来ますよ。
マイナスワン演奏でベースやギターをミュートにする事も出来ますので、例えばギターで合奏したい時にはギターをミュートにするといった使い方も出来ます。
またスタイル機能というインタラクティブ・バッキング・ジェネレーターも搭載されています。
この機能を使えば、左手でコードを押さえるだけで伴奏が自動で行われ、お好みでコードや曲の構成を変えながらの演奏が可能です。
伴奏を流しながらメロディなどを新たにプラスすれば、名曲をオリジナルにアレンジする事も出来ますので、より幅広い楽しみ方が出来るのではないでしょうか。
ステレオ・スピーカーが搭載されていますので、演奏の際に別途アンプなどを用意する必要はありませんし、軽量かつコンパクトなボディは気軽に持ち運ぶ事も出来ます。
ユニオン・ジャックのデザインも斬新ですね。
ピアノなどの定番キーボード音色に加え、ギターやドラムなどの多彩な音色も搭載されています。
いずれも質が高く、個人的に楽しむにはもちろんですが、バンドにも重宝出来るでしょう。

皆様もぜひKORG(コルグ)の Liverpool PROFESSIONAL ARRANGERでマージー・ビートの名曲を楽しんでみてください。

================================
中古楽器専門店マルカート
[関西エリア]
大阪府豊中市蛍池東町3-4-2 サントピア豊中1F
[関東エリア]
東京都板橋区中丸町13-1 ゲオタワー池袋1階
TEL:0800-888-1333
お問い合わせはこちらから
http://www.marucart.com/inquiry.html
【姉妹サイト】
楽器買取マルカート / 楽器買取専門店 楽器買取No.1
================================

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

YAMAHA(ヤマハ)の DTX700K について【ドラム】

アコースティックドラムを扱うブランドは数多くありますし、多種多様なラインナップが揃っていて、どれが良いか悩んでしまいますよね。
その悩みは電子ドラムにおいても同じではないでしょうか。
例えばYAMAHA(ヤマハ)でもいくつかの電子ドラムを販売していますが、今回はその中からDTX700KをはじめとしたDTX700シリーズをご紹介したいと思います。

YAMAHA(ヤマハ)の DTX700Kは、DTX-PADをスネアパッドとタムパッドに採用しています。
ショットの際のタッチや跳ね返りなど、まるでアコースティックドラムを演奏しているかのようなリアルさですし、それでいて静粛性が高いのも魅力となっています。
またアコースティックドラムやパーカッションの1268音色に加え、効果音やドラムキットなど合計1396音色のドラムトリガーモジュールを搭載しています。
幅広いジャンルに対応可能な50種のプリセットキットは、それぞれカスタマイズができ、お好みの音色を上書き保存する事も可能です。
USBフラッシュメモリーなどを利用して音色を読み込む事も出来ますので、ぜひ自分好みのドラムセットにカスタマイズしてみてください。
メトロノームやグルーブチェック、リズムゲート、メジャーブレイク、トリガーファンクション、スタック、オルタネートなどといった、電子ドラムならではの機能も豊富に搭載されています。
幅1.1m×奥行1.0mに置く事のできるコンパクト設計なのも嬉しいですね。

アコースティックドラムと遜色のない音色や演奏性を備えた電子ドラムをお探しでしたら、YAMAHA(ヤマハ)の DTX700Kをお試しになってみてはいかがでしょうか。

================================
中古楽器専門店マルカート
[関西エリア]
大阪府豊中市蛍池東町3-4-2 サントピア豊中1F
[関東エリア]
東京都板橋区中丸町13-1 ゲオタワー池袋1階
TEL:0800-888-1333
お問い合わせはこちらから
http://www.marucart.com/inquiry.html
【姉妹サイト】
楽器買取マルカート / 楽器買取専門店 楽器買取No.1
================================

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

TRIAL(トライアル)の B-1について【エフェクター】

TRIAL(トライアル)の B-1

「質の良い音と抜群増幅量を備えた小型のクリーンブースターが欲しい」
「サウンドはオン/オフ時で差がなく、またスイッチングノイズの心配のないエフェクターを使いたい」
そんな方にぜひおすすめしたいのが、TRIAL(トライアル)の B-1です。

TRIAL(トライアル)のエフェクターである B-1は、音質はそのままに音量のみを上げたいという時に重宝できます。
オフの状態でも安定感のある信号を次の機材に出力してくれますので、ナチュラル系のバッファとしてご使用いただけます。
アンプをはじめとした歪みセクションの前にTRIAL(トライアル)の B-1を繋ぐ事で、ゲインアップにする事も可能です。
スイッチングノイズも極力抑えられており、どんな場面にもしっかり対応してくれるでしょう。
またオーディオレンジ対応ですので、ギターだけでなく、ベースやエレアコピックアップにおける音量補正などとしても活躍してくれます。
オン/オフの2種類の音色しか使えないというわけではなく、使い方によって幅広いサウンドバリエーションをお楽しみいただけるのもTRIAL(トライアル)の B-1の特長です。
例えば本体はやや絞り気味のボリュームにしつつ、時折ボリューム最大のブーストを織り交ぜるというような時にも、B-1を使えば落ち着きのサウンドを得られますし、ギターのみでは生み出せない歪みや音圧も楽しめるでしょう。

特別な機能よりも、とにかく基本的なスペックを重視したい。
TRIAL(トライアル)のB-1はそんな方にぴったりのエフェクターと言えますね。

================================
中古楽器専門店マルカート
[関西エリア]
大阪府豊中市蛍池東町3-4-2 サントピア豊中1F
[関東エリア]
東京都板橋区中丸町13-1 ゲオタワー池袋1階
TEL:0800-888-1333
お問い合わせはこちらから
http://www.marucart.com/inquiry.html
【姉妹サイト】
楽器買取マルカート / 楽器買取専門店 楽器買取No.1
================================

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

Paul Reed Smith(ポールリードスミス)の SE Toreroについて【エレキギター】

Paul Reed Smith(ポールリードスミス)のSEシリーズは、Paul Reed Smith(ポールリードスミス)の廉価版とされてはいるものの、SEならではのモデルも豊富に揃っており、高い人気のあるシリーズです。
今回ご紹介するSE ToreroもSEシリーズの一つで、フロイドローズを搭載したSE”Floyd”Custom24を元にしたギターですね。
SE”Floyd”Custom24を元にしていると言っても、HM/HR向けに大幅なアレンジが加えられた、SEにしかないモデルです。
Paul Reed Smith(ポールリードスミス)の SE Toreroではフロイドローズ・トレモロシステムを採用し、ピックアップレイアウトにはEMG81、EMG85を用いています。
指板にはエボニーを使い、スルーネック構造、インレイなし、フラットトップに弦長25.5インチという仕様です。
どちらかというとESPやジャクソンを思い起こさせるようなスペックかもしれませんね。
ボディがややスリムになっている点も、Paul Reed Smith(ポールリードスミス)らしさを感じさせない要因の一つではないでしょうか。
Paul Reed Smith(ポールリードスミス)ではSE Toreroにしか採用されていないスルーネック構造によって、伸びのあるサステインや豊潤な中音域が生み出されています。
ハイポジションにおいても演奏がしやすく、高度なリードプレイも無理なく行えるでしょう。
ロングスケールの弦長を採用しているのは、ダウンチューニングを想定したものです。

「闘牛士」という名を持つエレキギターSE Torero、皆様もぜひお手に取ってみてください。

================================
中古楽器専門店マルカート
[関西エリア]
大阪府豊中市蛍池東町3-4-2 サントピア豊中1F
[関東エリア]
東京都板橋区中丸町13-1 ゲオタワー池袋1階
TEL:0800-888-1333
お問い合わせはこちらから
http://www.marucart.com/inquiry.html
【姉妹サイト】
楽器買取マルカート / 楽器買取専門店 楽器買取No.1
================================

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

HOME > ブログトップ

一覧
ブログランキング参加中
にほんブログ村 音楽ブログへ


  • SEOブログパーツ
マルカート 0800-888-1333

大阪本店

〒560-0032
大阪府豊中市蛍池東町3-4-2 サントピア豊中1F
TEL:06-4866-5890


東京板橋店

〒173-0026
東京都板橋区中丸町13-1 ゲオタワー池袋1階
TEL:03-5964-5633


営業時間:9:00-19:00

Return to page top